マッチングアプリのプロフィールとかどうすりゃいいの?だからあなたはうまくいかない!

わにん

わにん

マッチングアプリに登録したものの、「マッチングしなかったらどうしよう・・・。」という不安がある方もいると思います。

ここでは男女別に出会えるプロフィールの作り方とメッセージの書き方をお伝えします。

この方法で、ペアーズ で月間4000「いいね」をゲットした方がいますし、男性のトップ会員の方も、ほぼ全員が同じようなやり方でトップになっています。

マッチングアプリの出会い方には、大きく分けて2通りあります。

①できるだけ多くの人とマッチングして会ったあと、最終的に自分に合う人を1人選ぶ

②マッチングするのは1人でもいいので、自分にぴったり合う人とだけ会う

②の方法はとても効率が良く、何も飾らずにプロフィールを作成し、ありのままの自分をアピールすることが必要です。

しかし、難易度がやや高いため、成功する人はいますが、マッチングアプリ初心者の方には、「会ってみないとわからない」をテーマに、まずは多くの異性とマッチングし、なるべくたくさんの人に出会っていただくことをオススメします。

そのため、この記事では、①の「できるだけ多くの人とマッチングして会ったあと、最終的に自分に合う人を1人選ぶ」に絞り、具体的に「いいね」をたくさん集めるテクニックと、多くの人とデートに行けるようなメッセージのテクニックをご紹介します。

おもに、プロフィールは「メイン写真」「サブ写真」「プロフィール文」を中心に、メッセージは最初のやり取りからデートに「誘われる」「誘う」までをお伝えしていきます。

ペアーズ公式サイトはこちら

目次

女性編

マッチングアプリは、結婚相談所などのサービスと異なり、男女比では圧倒的に男性が多く、女性が有利です。

さほど、頑張らなくても、ある程度男性とマッチングすることができます。

とはいえ、自分に合う人に出会うためには、冒頭でもお伝えしたとおり、まずはたくさんの人とマッチングすることが必要です。

そして、やり取りしていく中で、「会ってみたい」と思わせることができてはじめて、「出会う」ことができます。

女性の方には、より多くの男性から「いいね」をもらえるプロフィールの作り方と、メッセージがさらに魅力的なものになる「キラーワード」をご紹介します。

ポイント①

プロフィール写真を公開するのは恥ずかしい・・・・・そんなあなた。

顔もわからない相手と会いたいと思いますか?

思いませんよね?

写真は必ず公開しましょう。

男性は、悲しいかな、いちばんよく見るのが写真です。

文章もろくに読まずに、写真だけで判断する人が意外なほど多いのです。

しかし、逆を言えば、プロフィール写真をよくするだけで、かなりのアプローチがもらえるということです。

ここは恥ずかしがらずに、あなた史上最高にかわいい写真をセットしましょう。

メイン写真は自撮でもかまいません。

とにかく「男性受けするかわいい写真」を用意してください。

まわりにいる男性何人かに選んでもらうのも良いかもしれません。

ただ、そうはいっても、そもそも、

「かわいい写真ってよくわかんない!」

「とにかくかわいい写真を載せたい!」

という人もいると思います。

ということで、まずはいきなり裏技をお伝えします。

露出」している写真を選んでください。

とにかく「露出」がキモです。

恋活系マッチングアプリ20代のトップ会員の何割かは、水着の写真を載せています。

とくに20代の女性は、水着の写真がおすすめです。

これはかなりの高確率で「いいね」をかっさらえます。

しかし、「水着の写真なんて持っていない!」

「そんな写真、恥ずかしくて載せられない!」

という人もいると思います。

そんな人には、ノースリーブなどの腕の露出が多い服や、膝上スカートなど足の露出が多い服がオススメです。

極端な例を挙げましたが、「露出させること自体恥ずかしい!」「腕や脚を見せるのもムリ!」と露出することに抵抗がある人や30代以降のおとなの女性にオススメなのが「着物」です。

着物は、女性の魅力を3割増にする魔法のアイテムです。

着物を着て、プロのカメラマンの撮影してもらうと最強です。

騙されたと思ってぜひ試してみてください。

ここでひとつNGポイントをお伝えしておきます。

それは、過度な修正を施した写真を掲載することです。

最近いろいろな修正ができるアプリ「SNOW」など、手軽に、しかも上手に修正することができますが、男性ももうわかっています。

「SNOWで修正した写真は詐欺だ!」と。

あまりにも盛り過ぎると、会ったときのギャップが大きすぎて、男性にいきなり塩対応される、なんてことも!

自分にとっても悲惨な出来事になる可能性が高いので、プロフィール写真は「3割増し」程度に留めておくことがポイントです。

ポイント② サブ写真はギャップ見せが大切

サブの写真は、2〜3枚を目安に用意しましょう。

組み合わせでオススメなのは、次の3点です。

①親しみやすそうな、雑多な居酒屋で撮影したものや自然な笑顔の写真

②全身がわかる、雰囲気美人の写真

③インスタ映えしそうな手料理の写真

メイン写真で「美人さん」を作り出したら、サブ写真は少しギャップを見せましょう。

私の知人女性は、メイン写真は着物姿でおしとやかに、サブ写真はバナナをほおばり、いたずらっぽく笑ったものを掲載したところ、みごとペアーズ で1000「いいね」を獲得しました。

親しみやすさが出ている写真は、男性からも会話のフックになるので、「いいね」やメッセージ付きの「いいね」をしやすいのです。

また、女子力アピールのための手料理写真も効果的です。

あざとくてもいいんです。

とにかく、あなたの魅力をアピールすることに注力しましょう。

ポイント③ プロフィールのNG項目に注意

プロフィールに関しては、女性はそこまで凝る必要はありません。

ただし、ハードルを上げるだけ上げてしまったがために、敬遠されるようなNG項目・ワードだけは避けるようにしましょう。

〈プロフィールNG例〉

①「喫煙」を選択

これだけで敬遠する男性はとても多いです。

正直に答えることも大切ではありますが、喫煙者であることは会ってから話すことにしましょう。

コミュニケーションを取る前から足切りされてはもったいないです。

嘘をついて「吸わない」ではなく、未設定にしておきましょう。

②「真面目な人しか『いいね』しないでください」

気持ちはわかりますが、これでは「いいね」を押すハードルをあげてしまいます。

「いいね」をもらいすぎて困るぐらいになるまでは、こういった拒否をする文言を入れるのは控えましょう。

真面目に考えている人であったとしても、このひと言が書いてあることで、会う前から「フルコミットしなきゃいけなさそう・・・」とプレッシャーを与えかねません。

真面目かどうかは、メッセージをやり取りしていくなかである程度判断できますし、会ってからわかるのでも遅くはありません。

恋愛論になってしまいますが、極端な話「ヤリモク男子」も恋はします。

ここで足切りしてしまうのは、とてももったいないことです。

③「〇〇する人嫌いです」

ネガティブワードは避けましょう。

同じことを言うにしても、「〇〇する人よりも〇〇な人のほうが好きです!」と、ポジティブな表現に転換すればいいのです。

会ったことがないぶん、文章だけで判断するため、普段話している時の声も口調もニュアンスも伝わりづらく、さらにネガティブなことを文字にすると、口頭よりも否定的な印象を与えかねません。

上記3つが、プロフィールを作成する上でのNG項目になります。

そのほか、盛り込んだほうがいい内容としては、「仕事」「趣味」「休みの日の過ごし方」「住んでいる場所」が挙げられます。

男性は、なりふりかまわず「いいね」を送る人が多いため、プロフィールに書いてあることを聞いてくるかどうかで、

「プロフィールを読んでいる人」「プロフィールを読んでいない人」で、ある程度フィルターをかけることができます。

ぜひ試してみてください。

ペアーズ公式サイトはこちら

ポイント④ デートに誘わせるメッセージを作成する

先にもお伝えしましたが、マッチングアプリには男性の登録者のほうが圧倒的に多いため、基本的に女性優位です。

そのため、初回メッセージも男性からきますし、お誘いも男性からしてくれることがほとんど。

そんなときに女性の皆さんが心がけるのはただひとつ。

それはズバリ、「デートに誘うハードルを下げる」です。

それでは、ハードルを下げるキラーワード3つを紹介していきましょう。

キラーワード① 「教えてください!」

男性は女性に何かと語りたがる生き物。

女「ふだん、どこで飲んでいるんですか?」

男「六本木が多いかな〜」

女「六本木なんですね!あまりそのあたりで飲むことがないから、美味しいお店教えてください!」

と言えば、たいていの男性は待っていました!とばかりに「いいですね!六本木の美味しいお店を教えますよ。今度飲みにいきますか」と、お誘いのメッセージをくれるはずです。

頼られたり、教えたりすることが好きな男性は世の中に多いので、「教えてください!」と言ってみましょう。

キラーワード②「やっと時間とれそうです」

「時間あります!」というアピールは重要ですが、ここで注意しなければならないのは、必要以上に「ひまな女」を演出してしまうこと。

男性は、毎日暇しているような女性に魅力を感じません。

とはいえ、毎日忙しい女性を誘うのもハードルが高い。

そこで、「いつも忙しいけど、この日は空いているよ」とアピールしてみましょう。

「今週は忙しかったけれど、来週からは少し落ち着きそう!」

と言うと、忙しいのに自分のために時間を作ってくれたという「特別感」もプラスされ、

「じゃあ、来週どこかで美味しいものでも食べて、お疲れさま会しましょう!」

とデートに誘ってくれる可能性が高くなります。

キラーワード③「もっとお話し聞いてみたいです」

①と似ていますが、さらに汎用性が高いこのフレーズ。

趣味の話や仕事の話になったとき、

「すごくおもしろそう!もっと詳しく聞いてみたいです!」

というと、男性は悪い気はしません。

「じゃあ、今度お茶でも飲みながらゆっくり話しましょう」

と言ってくれること間違いなしです。

というわけで、デートに誘わせる3つのキラーワードをご紹介しました。

女性は、マッチングさえしてしまえば、メッセージをする流れで誘ってもらいやすいです。

無駄に自分の壁を高くしたり、暑くしたりせずに、チャンスをのがさないよう、男性からお誘いされるきっかけを作ってあげるようにしましょう。

ペアーズ公式サイトはこちら

男性編

男性比率が高いアプリだと、7:3で男性が多いため、女性と比べてライバルが多く、不利な状況といえます。

そして、いまだに自撮りも、室内の暗い写真やぼやけている写真、自己主張の激しすぎるプロフィール文など、自分の見せ方をわかっていない人が多くみられます。

しかし、基本を押さえるだけで、他のライバルとぐんと差をつけることができるので、ぜひこれからご紹介する方法を試してみてください。

ポイント① メイン写真はナチュラルに

まず、顔写真は登録することが大前提!

顔写真を登録しているか・していないかでは、これまでの傾向からみるにマッチング率は10倍以上違うと思います。

女性は、男性よりも2人きりで出会うことに対して警戒しますし、慎重です。

男性の皆さんが思っているよりもずっと警戒心が強く、ましてや顔の見えない相手ならなおさらです。

では、どんな写真を用意すればよいのでしょうか。

結論からお伝えします。

ズバリ、他人に撮影してもらうことと、次の3点のような写真を撮ることです。

①野外で昼間に撮影したときの「自然な笑顔」

②飲み会などで友達と話しているときの「自然な笑顔」

③ケーキなどのカフェメニューを食べているときの「自然な笑顔」

もっともやりがちで、かつもっとも女性ウケが悪い写真は「キメ顔」の自撮写真。

ナルシストに思われ、面倒な印象を与えかねないため、絶対にNGです。

また、洗面所の鏡を利用すると撮りやすいので、洗面所で撮影する方も結構いるのですが、タオルやカゴに入った洗濯物などが映りこんでしまい、生活感が出すぎて野暮ったい雰囲気を醸し出します。

ポイントは、あくまでも「自然」であること。

プロに撮影いてもらうのであれば、屋内のスタジオより、野外の自然光のなかで撮影するのがオススメです。

また、友人と談笑している写真であれば、実際に飲み会をしているときに撮影したものでもOKです。

あとは、ケーキやカフェメニューなどを食べながら、おしゃれな場所で撮れば、雰囲気イケメンを狙えます。

いくつか試していくうちに、自分の良さがでる写真が撮れるはずです。

ポイント② サブ写真は「楽しいデート」をイメージさせる

メイン写真ができたところで、次はサブ写真を撮ります。

まず、サブ写真は数枚あったほうがいいです。

とくに、おすすめのベストな組み合わせの写真は次の3枚です。

①顔がわかる全身またはバストアップ写真1枚

②食事系の写真1枚

③旅行先の写真1枚

ポイントは「雰囲気イケメン」と「この人とデートしたら楽しそう!」と思わせることです。

全身写真はもちろん他撮です。

スポーツ中の写真や友人たちとの飲み会中の写真(もちろん友達の顔は隠してください)がおすすめです。

趣味関係の写真は「この人とデートしたら美味しいごはん屋さんに連れて行ってくれるんだろうな。」などと思わせることが大事です。

とくに、インスタ映えするお肉やケーキ、カフェごはんの写真がおすすめです。

高級フレンチやイタリアンなどである必要はありません。

ほかには、旅先での綺麗な景色の写真があるといいです。

できれば外国の街並みやきれいな海も入れておきましょう。

とはいえ、どんな写真も盛れていないものは魅力半減。

アプリを使って写真を加工しましょう。

ポイント③ プロフィールのNG項目に注意

写真が揃ったところで、今度はプロフィールを作成します。

プロフィールの項目には、必須ではないものもあり、全てを記入する必要はありません。

もちろん、嘘をつくのは絶対にNGですが、〈女性編〉と同様に、会うまでは〈未設定〉にしておいたほうがいいものもあります。

未設定にしておくことで、足切りされずに済み、結果マッチングする確率を高めます。

実際に会うまでは、残念ながら結局スペックや顔写真などのハード面でしか判断されません。

ですから、会って自分の魅力をアピールしてから、未設定の項目を伝えるようにしましょう。

未設定にしておいたほうがいい項目は次の3つです。

プロフィール「未設定」推奨項目

①「年収」(300万円以下の場合)

女性は将来のことを考えて、なんだかんだと年収を気にします。

検索条件でも、年収〇〇万円以上で絞る女性は多いです。

マッチングアプリは、普通の出会いと違い、年収がわかってしまいます。

それゆえ、普通の出会いよりも、年収が判断基準にされやすいのです。

とりわけ年収300万円以下の人の場合は、未設定をおすすめします。

とくに学生の場合は、わざわざ年収を書かなくても、「学生なら仕方がない」とわかってもらえるので、書く必要はありません。

②「喫煙」の有無

女性は喫煙者を嫌がる傾向にあります。

とはいえ、本当に好きになったら目をつぶれるのがこの条件。

タバコを吸う男性は、喫煙の有無は未設定にしておきましょう。

③職業の「会社員」「その他」

職業の項目は、マッチングアプリによってさまざまですが、ペアーズ を例に挙げると、大手企業・上場企業・会社員・その他などの項目があります。

大手や上場企業勤務であれば「会社員」とせずに、必ず「大手企業」や「上場企業」にしておきましょう。

どこにも当てはまらない場合は、「その他」でも良いのですが、「その他」で職業検索する女性はほとんどいないといえます。

できるだけどこかに属するように設定し、検索にかかりやすくしておきましょう。

ペアーズ公式サイトはこちら

プロフィールは「わかりやすさ」×「会ったら楽しそう」を意識!

次はプロフィールの文章を作成します。

男性と違い、女性は文章の内容までしっかりチェックしているので、適当な表現はNGです。

そして、ハード面では自分の魅力を伝えられていないと感じている人は、この部分でしっかりアピールしましょう。

自分の魅力を伝える「最後の砦」なのです。

コツ①見出しをつけて読みやすい工夫を

プロフィールに書くべき項目は主に4つあります。

仕事、趣味、性格、理想とする関係。

だらだらと長文で書かれた文章はあまり読む気がしないので、それぞれ次のように見出しを付けるといいでしょう。

【仕事】

【趣味】

【性格】

【理想の関係】

伝えたいことがたくさんあるのはとてもいいことなのですが、相手の立場に立って文章を書くというのもコミュニケーションのひとつなので、読みやすければそれだけでポイントも上がります。

コツ② 仕事の説明は小学生でも理解できる文章に

自分の仕事を説明するときには、職業や業種とまったく関係のない、例えば女子大生のような人たちも見ていることを前提に、わかりやすい説明を心がけましょう。

仕事の話は共通の話題になりやすいので、理解してもらえるとその後のメッセージのやり取りが弾みますし、コミュニケーションもスムーズになります。

また、具体的な仕事内容は小学生でも理解できるように書き、その仕事に就いた理由ややりがい、将来の夢なども書くと好印象です。

女性は「頑張っている人」が好きです。

恥ずかしがらずに、自分の仕事を前向きに伝えてみてください。

〈NG例〉

「マーケティングの仕事をしています」

〈OK例〉

「マーケティングの仕事をしています。ある食品を世の中に広めるにはどうしたらいいかを日々考えています。毎日調査をしたり、人とのやりとりが多かったりとたいへんではありますが、自分が考えた企画が通り、携わった商品が世の中に送り出される楽しさが醍醐味となっています。」

コツ③ 趣味は「この人といたら楽しそう!」をアピール

趣味についてはデートしたときに盛り上がりそうな話題かどうか、また一緒にいたら楽しそうかどうかという部分で判断されます。

女性ウケする趣味を書く、または趣味をもってもらえそうな書き方をしましょう。

女性ウケしそうな趣味は、食・旅行・スポーツです。

食については、

・美味しいごはん屋さんを開拓するのが好きです!

・得意料理はカルボナーラです!

と書けば、「デートしたら美味しいお店連れて行ってもらえそう
!」「料理ができるならグルメに詳しそう!」という印象を与えることができるのでオススメです。

同じように旅行の場合も、どんなところに行って、どんな経験をしたかということを書いて「一緒に行ったら楽しそう・・・」を想像させましょう。

最後にスポーツ。

スポーツ好き男子を嫌いな女性はいません。

月に1度しかやらなくてもいいんです。

フットサルやサッカー、ボルダリング、キックボクシングなどが女子ウケしますが、なんでもいいので自分の得意なスポーツを書いておいて損はないです。

ペアーズ公式サイトはこちら

コツ④ 性格は褒めすぎずに他己評価で書く

よく見るNGプロフィールが「性格は優しく、面白いです。」など、自分で自分を褒めちゃっている文章。

客観性がないですし、自分で自分を褒める男性に魅力は感じられません。

・よく友達からは「盛り上げ役だから、飲み会は絶対最初からいて」と言われます。盛り上げて、盛り上げて、途中疲れて飲み会中は休んでいます。笑

など、具体的なエピソードや人から言われた内容を入れ、最後に少し自分をおとすような書き方をすると、好印象を与えやすいです。

コツ⑤ どんな出会いを求めているか、注文付けすぎず書く

「お互いを尊敬しあって、自分の価値観を理解してくれて、高め合える関係がいいです」

「真剣じゃない人は『いいね』しないでください」

と自分でめちゃくちゃ壁を高く設定すると、たとえ真剣であっても相手が引いてしまいます。

ここは気軽さを演出しましょう。

フィルターをかけるのはマッチングしてからメッセージを書いてもいいですし、会ってから決めても遅くはないです。

「まずは会ってお話ししないとわからないことも多いと思うので、カフェでお茶など気軽にお会いできたら嬉しいです」などのひと言を入れておくことが大切です。

デートの誘いが成功しやすいメッセージを作成する

その① 初回のメッセージは登竜門!

初回のメッセージで返信が返ってこなければ、その女性とは2度と会うことはできません。

初回メッセージはそれくらい大事です。

半分以上といってもいいほどよくある男性の初回のメッセージは、

「はじめまして!マッチングありがとうございます!よろしくお願いいたします!」という何も伝わらない文章。

人気の女性会員のメッセージ欄は「こんにちは、よろしく系」のメッセージで埋まっていいます。

男女比が6:4、差の大きいところでは8:2ぐらいの比率で女性が少ないマッチングアプリでは、1人の女性がかなり多くのメッセージをもらっている状態です。

そんななか、なんの特徴もないメッセージは淘汰されていきます。

それくらい初回のメッセージは気合を入れて考えることが大事なのです。

おすすめの初回のメッセージを紹介します。

写真をネタにする場合(着物の写真の女性に対して)

「初めまして!〇〇と言います。雰囲気がとても素敵だなと思って『いいね』しました。着物よく似合ってますね!どこで撮ったんですか?よろしくお願いいたします!」

趣味をネタにする場合

「初めまして!〇〇と言います。僕もキャンプよく行きます!どんなところに行きますか?楽しく話ができそうだなと思って『いいね』しました。よろしくお願いいたします!」

など、まず自分の名前を名乗り、相手のプロフィールについてコメントと質問をいれましょう。

大事なのは、相手のプロフィールをきちんと読んでいることを伝えること、そして返信しやすいように質問をひとつ入れてあげることです。

なにもとっかかりがなく、質問しづらい場合は「なんて呼んだらいいですか?」でも大丈夫。

返信するためにいろいろ悩まないことが大切です。

ペアーズ公式サイトはこちら

その② 下心を見せずにデートへの伏線を張る

初回のメッセージが返ってきたら、質問の返答に対して自分との共通点をアピールするか、「自分は〜だけど、〇〇さんは××なんですね!」と、自分の意見を伝えつつ相手のことにも興味を示しましょう。

このようにして、自己開示することにより、相手に安心感を与えることができます。

では、そこからどうやって会うまでにつなげるのか。

やりとりをして3通目以降からはデートに誘うまでの伏線作りです。

①相手の自宅・職場エリア

②相手が普段飲む場所

③お酒の好き嫌い

これら3つを聞いておきましょう。

難しいことではありません。

「職場はどのへんですか?」

「お酒はよく飲みますか?」

「普段、どのあたりで飲みますか?」

などのシンプルな質問でOKです。

その代わり、

男「職場はどこですか?」

女「大手町です」

男「お酒をよく飲みますか?」

女「ときどき飲みます」

のような一問一答になるのだけは避けましょう。

答える方もなにも楽しくないので、だんだんと返信が少なくなっていきます。

男「職場はどこですか?」

女「大手町です」

男「そうなんですね!僕は六本木です。大手町はオフィス街ですよね。ときどき仕事で行きますよ!」

など、相手の返答に対してひとつ話を広げるようにするとうまくいきますよ。

ご紹介したテクニックは、初歩的ではありますが、どれも重要なものばかりです。

ぜひ明日から実践してみてください。

そして、ひとりでも多くの方が素敵な人に出会い、楽しい恋愛や幸せな結婚をされることを心より願っています。

おまけ 危険会員プロファイル!

絶対マッチングしてはいけない男女の特徴

マッチングアプリは24時間365日の監視体制と、高い入会ハードルなど運営体制の強化により、出会い系などと比べてサクラ会員はいませんし、本来の目的とは違う業者や既婚者は減りました。

しかし、それでもマッチングしないほうがいい「悪い会員」はいます。

300人以上にインタビューした中で、だんだんと悪い会員の共通点が見えてきました。

ここでは、そんな悪い会員とマッチングしないよう、「絶対マッチングしてはいけない男女」の傾向を例を挙げながら紹介します。

危険会員の例① キメキメ医者

性別:男性
特徴1:メイン写真は必ず白衣、医者がモテることを知っている
特徴2:サブ写真にアップの顔写真を4枚以上
特徴3:デートの8割が口説き、2割が医者マウント。「家に行こう」打診を断ると逆上

医者アピールと自分の顔アピールが激しい医者は要注意。ナルシストなのでサブ写真においてもアップの顔写真を4〜5枚載せています。

プロフィール文章ではただの一重まぶたを「塩顔」と自称したり、眉毛が濃いのを「松本潤似」と変換することもしばしば。

この手のナルシストの医者は職場での出会いも困っていないので、アプリは完全に遊び目的で、実は既婚者だったということも多く報告されています。

危険会員の例② タワマンパーティーおじさん

性別:男性会員
特徴1:「ジム/お酒/フットサル/roppongi」インスタのハッシュタグをイメージしているのでしょうか、単語で区切り地名はなぜかローマ字表記です。
特徴2:次はみんなで飲もうとスケジュールを押さえてくる
特徴3:職業について詳しく明かさない

タワマン、高級時計、高級車、リゾートホテルなどバブリーな写真をふんだんに使用して「お金持ち」アピールする40代おじさんには注意。

実態はただのパーティーの参加費で生計を立てているだけの薄っぺらいおじさんである可能性が高いです。

気づいたら毎晩のように開催される、タワマンパーティーの女性要員となっている場合も・・・。

単なるパーティー要員探しなので、危険な目にあうことは少ないみたいです。

危険会員の例③ ヤリモクチャラ男

性別:男性会員
特徴1:プロフィールはシンプル。「使い方がよくわかりませんがよろしくお願いします!」と書いてありがち。
特徴2:いきなり呼び捨て、いきなりタメ口、いきなりデートのお誘いなど、距離のとりかたが唐突
特徴3:22時以降の深夜アポイント

遊び目的で登録している男性は距離の取り方がおかしいです。

暇つぶしに「今日ヤレる女」を探したいがために、仲良くなったり相手を知る行為を削った結果、こうなります。

こういう男性はメッセージ3通以内にライン誘導やデートの予定をいれてきます。

また、「今日会えますか?」と突然のお誘いも多いです。

性を意識させるため「ドMっぽいよね」とかメッセージで言ってきたら確実にヤリモクなのでご注意を。

危険会員の例④ 既婚者

性別:男性会員
特徴1:都心が職場、家は郊外
特徴2:土日のメッセージが極端に少ない
特徴3:急に顔写真が見えなくなる

既婚者はどこにでも紛れています。

こういう男性には会っても時間の無駄、交通費の無駄、心の無駄です。

ある程度仲良くならないとわからないのですが、例えば職場が都心にあるのに、家は郊外などは家族と一緒に住んでいる可能性が高いです。

また、調子にのってアプリに登録したものの、家族バレを恐れて途中で首から下がスーツ写真になったりする人は彼女持ちや既婚者である可能性が高いので要注意。

危険会員の例⑤ ネットワークビジネス

性別:男女両方
特徴1:「ご縁に感謝!」「仲間最高!」「副業ワード」
特徴2:リゾート地と高級ホテルの写真
特徴3:メッセージでやたら褒めてくる

初デートで副業やネットワークビジネスに勧誘してきます。

海外リゾートの写真などを見せられ、安く行けるなど言われたら危険度100%。

女性会員は相手を気持ちよくさせるためにやたら褒めてきますし、男性会員は「サラリーマンやるより充実していて楽しく過ごしている」などひたすらリア充アピールしてきます。

危険会員の例⑥ 韓国風美女の業者

性別:女性会員
特徴1:やたら美人。芸能人なみの美人
特徴2:名前が「*すみれ*」「かおり☆オタ充したい」など
特徴3:つぶやきは「さみしい」「誰かかまって」などかまってちゃんアピール

超絶美女で胸元も強調されている女性には要注意です。

その写真は韓国や台湾など海外のモデルなどの写真を悪用して男性はつっている可能性があります。

名前やつぶやきでも「イケそう」感を出し、男性を誘います。

メッセージは会話が成り立たず、外部サイトに誘導していきます。

いくら美人とマッチングできたとしても、舞い上がらずにしっかり相手のことを知ってから会うようにしましょう。

危険会員の例⑦ テキトー系(片手間系)女子

性別:女性会員
特徴1:自己紹介がないor紹介文やその下の詳細が極端に少ない
特徴2:プロフィールのコメントが長期間変更されておらず季節外れ
特徴3:「マッチング後の連絡はこちらからしません」等と書いている

1行でもプロフィールを書くのが面倒くさいという適当さが伺えます。

こういった女性は無料ゆえ片手間程度にアプリを使用しており、真面目な目的でアプリを使っている可能性がかなり低いようです。

「マッチング後の連絡はこちらからしません」と書いている女性はこちらから話題を振っても「はい」「うん」などのひと言でしか返さないことが多く、かなり受け身です。

この手の女性は、大抵メッセージのレスポンスが遅い、返事が淡白、音信不通になりがちです。

マッチングしても危険な目にあいませんが、時間が無駄になってしまうかもしれません。

危険会員の例 ⑧ チャラチャラ女子

性別:女性
特徴1:「相手を確かめ合ってから付き合いたい」などの闇コミュニティに入っている
特徴2:ひと言欄に「チャットフレンド探し」「男友達を増やしたい」などと書いている
特徴3:プロフィールに「かまってくれると懐きます」「いいね欲しいです」などと書いてくる

この手の女性は遊び目的メインでアプリを使うことが多いため、恋人を探したい男性は避けた方がよさそうです。

寂しい系のつぶやきやプロフィール文を書いている女性は、誰かにかまってもらっている自分自身が大好き。

惚れっぽい面もありますが、少しでも返信が遅いと他の人に乗り換えられることもあるようです。

また、承認欲求が強めなのもこういった女性の特徴。

『いいね』をくださいと自分のモテ度を数値化したくてしょうがないようです。

 

 

 

関連記事

出会う前から好きになっちゃう!?マッチングアプリの成功事例集!

おすすめのマッチングアプリは?人気なのはどれ?Omiaiやwithなど。