結婚式の予算や見積もりをもらうときのコツとかってある?式の予算の平均とか相場ってどのくらい?

わにん

わにん

結婚式の会場探しは始めましたか?

順調でしょうか?

まだ始めていないのであれば、ぜひこの記事を読んでください!

結婚式の予算や見積もりをだしてもらう時のコツなどをまとめてみました!

【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載

目次

結婚式の予算をアバウトに考えてはいけない!

あまり細かいことを考えるのが面倒で、結婚式の予算をアバウトに出していないでしょうか?

たとえば・・・

・大体360万円くらい?

・二人の貯金でなんとか・・・。

・初期の見積もりをだしてもらって、多くてもプラス100万円くらい考えておけば安全じゃない?

こういう風にアバウトに考えていると、せっかくの結婚式なのに

やりたいことができない!

可能性がでてきてしまうんです!はい。

たとえば・・・

「あの友達も呼ぼう!先輩も呼ぼう!前職の職場の同僚も呼ぼう・・・」

あれ、気づいたらプラス30万円!

ゲスト数がまだ決まっていない段階で見積もりをもらう場合には注意したほうがいいです。

料理やギフトが増えた人数分かかるので、追加料金として見積もりが大幅にアップします!

また、料理のランクも要注意です!

料理をランクアップすると意外とお金がかかるんですよね・・・。

最初の見積もりの段階では、基本ランクの料理の金額になっていることが多々あります。

基本ランクの料理をランクアップして1人あたりプラス3000円としてもゲストが100人いれば・・・。

やりたいことができない・・・

「あら、このドレス素敵!」

「え、このドレス、初期見積もりにプラス23万円・・・!」

パッと見て気に入ったドレスが、パックプランに含まれているドレスの上限額な範囲に収まらなければ、当然差額が発生します。

また、衣裳の着数を増やせば・・・。

当然追加料金ですよね。

あらかじめ見積もりのことはどのように考えておけばいいの?

見積もりは

会場見学の時に想定できる基本

さらに

準備中に起こりうる想定外」を「私たちならどうする?

と考えておくことが非常に重要です!

ふたりでよく話し合って、見積もりにをリアルに、具体的に考えてみましょう!



会場見学前にある程度決めておく、「私たちならどうする?」で話し合う見積もりの基本内容

まず、一番大切なことは、ふたりの間で「どんな式にしたいのか?」です。

そして、予算との折り合いをつけましょう。

また、ふたりの式に対する「温度感」や「イメージしている内容」でもめることがありますので、お互いに理解、思いやりをもって見積もりに反映させたいところですね。

「私たちならどうする?」会場見学前に考えるべきは3つのこと

会場見学前に、お互いにふたりでよく話し合っておく必要があります。

そうでないと、イメージがぼんやりとしてしまったり、実際に会場見学に行ってもまとまらないからです。

では、会場見学前にふたりで話し合って考えるべき3つのことはこれです。

① 日程の条件をだす

季節や日取りによって見積もり金額が大きく変わります。

料金が高いのは、「過ごしやすい時季」、「土日祝」です。

なんと、数十万円単位で違いがでることもあります。

会場見学前にふたりでよく話し合いましょう。

〈日程による料金の違い例〉

・通常プラン   356万円 (人気シーズン。時間の選択もできる)

・オフシーズン   326万円 (オフシーズン。日程か近い)

・仏滅&平日プラン  313万円 (仏滅・平日に限定)

〈見積もりが変わるポイント〉

・オンシーズンorオフシーズン

春、秋は気候がよく過ごしやすいためオンシーズンと呼ばれます。

そのため、希望が集中し、料金は高めになります。

それとは逆に、真夏、真冬は気候が厳しく、オフシーズンです。

オフシーズンには料金が抑えられ、また、会場で特典が用意されていることが多くあります。

お日柄

六輝を気にする人はかなり多いです。

大安の土日祝日は人気があるため料金も高めになります。

もちろん、それとは逆に仏滅は避けられがちなので、料金も低めです。

そのため、仏滅にはお得なプランも用意されているので、気にならない方にはおすすめです。

結婚式までの準備期間

式まで3ヶ月でもキャンセルなどで空いている日があれば、お手頃価格で式を挙げられるプランを用意している会場もあります。

日時の指定は難しいですが、条件があれば利用しない手はないでしょう!

〈金額が高くなりやすい日の例〉

・3〜6月、9〜12月のオンシーズン

・大安、友引

・結婚式まで期間がある(1年前など)

〈金額が安くなりやすい日の例〉

・7〜8月、1〜2月のオフシーズン

・仏滅

・結婚式まで3ヶ月の空き日

〈時間帯で変わる場合〉

・早朝の式やナイトウエディング

Aさん

Aさん

オンシーズンでプラス50万円!

秋の休日の式を希望していました。

10月は9月と比べて見積もりが50万円もアップしました!

繁忙期は費用が高くなることをしみじみと実感しました・・・。

Bさん

Bさん

仏滅割引で1人6000円の割引になりました。

私たちも両家の両親も六輝を気にしないので、良い式でしたし、お得でした。

Cさん

Cさん

1年前に予約、「早期割引特典」で60万円の割引になりました。

1年前の予約なので、すべての日程で早期割引プランが利用可能になりました。

もちろん、希望の日取りを押さえることができました。

② 招待するゲストの人数

ゲストの人数によって料理や飲物、引出物の数は当然変化します。

また、人数が多いと披露宴会場や卓数、装花の数も変わってきます。

会場見学前に、大体の人数を把握しておくことは大切です。

ゲスト数があいまいなままだと正確な見積もりがだせないのはいうまでもありません。

両家あわせて何人くらいになるかをかなり具体的に算出しておきましょう。

〈人数で見積もりが大幅に変わる例〉

ゲスト20人増加だと・・・

料理・引出物・印刷物でプラス70万円!

50名の披露宴会場から80名の披露宴会場に変更すると・・・

プラス9万円!

人数が変わると追加料金、披露宴会場、割引プランが変わります。

人数に関わるパックプランが適用外になってしまうこともあります。

〈かなり正確な人数をだすにはどうすればいいの?〉

①ふたりあわせた呼びたいゲストを書き出す

ふたりで一緒に書き出すことによって漏れがなくなります。

親族・友人・職場関係者などグループに分けて書き出してみましょう。

②親が招待したいゲストの人数はどのくらい?

親族に関しては、親の意向もあります。

ですので、先に確認するほうが良いでしょう。

普段合わない親戚でも、親にとっては大事な人です。

早めの確認をおすすめします。

③子どもも出席するか?出席するならとりあえず大人の人数として数えておきましょう

乳幼児以外は座席、お子さま用の食事が必要なので、とりあえず大人1名分で数えておきましょう。

引出物は不要ですが、ちょっとしたプレゼントは考えておきましょう。

Eさん

Eさん

60名以上限定の割安プランが使えたのでお得になりました!

Fさん

Fさん

他のランクアップも含めた金額ですが、契約後に親族が15名も増えてプラス49万円になってしまいました・・・。

Gさん

Gさん

シーズン特典で1名あたりの料理・飲み物代が1000円割引だったのですが、その後人数が減って割引が適用されず、プラス2万円になってしまいました・・・。

③ 項目のランクと内容

最初の見積もりは必要最低限のものしか含まれていないものもあります。

不足しているものを加えたり、ランクアップしたりすると当然金額も増えます。

不要なものもふたりで決めておきましょう。

もし希望があれば、早めの段階で伝えたほうがスムーズです。

〈こんな事例があります!〉

・プランのランクが一番下のものになっていて、プラス25万円!

・必要な項目を伝えるのを忘れていて、プラス5万円!

最初に出される見積もりにも会場差があるのでよく確認しましょう。

 【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載

〈項目のランクと内容のチェックポイントはココ!〉

※ランク※

それぞれのアイテムにはランクがあります。

当然、金額も異なります。

内容をスタッフさんに聞いたり、実物、写真などでよく確認しましょう!

・料理

その会場のどの程度のランクなのかをまず確認しましょう。

そして、メニュー表をみせてもらい、試食できるならしましょう。

・飲物

飲物にもランクがあります。

アルコール、ソフトドリンクの種類、ウェルカムドリンク、乾杯酒などの有無も確認しましょう。

・装花

見積もりとフェアで見たものは異なることが多いんです!

メイン卓、ゲスト卓以外に必要になるお花を聞いてみましょう。

・衣裳

基本の衣裳では満足できないことも多いです!

「会場で一番出るランク」をスタッフさんに聞いてみましょう。

※内容※

同じ項目名でも会場が違えば、含まれる内容も異なってきます。

ここも会場のスタッフさんによく確認しましょう!

・衣裳

会場によっては衣裳小物は別料金というケースがあります!

付属品の有無や内容をよく確認しましょう。

・招待状

見積もりの「招待状」も会場によって内容が異なります。

招待状と返信はがきだけでなく、マップや付箋などの有無も確認しましょう。

・当日写真

内容として、「記念写真」なのか「スナップ撮影」なのかを確認しましょう。

「スナップ撮影」の場合には撮影範囲や枚数、アルバムの有無も確認しましょう。

・挙式料

たとえばキリスト教式の場合にはチャペル内の装花・装飾、音楽の生演奏など、「挙式料」のなかになにが含まれているかを確認しましょう。

注意!:パックプランには要注意しましょう!

オールインワンのパックプランでも、必要か?不要か?はよく見極めましょう。

・プチギフト

プチギフトは初期の見積もりに含まれていないケースが多いです。

もし、自分で用意するなら持ち込み料の確認をしてください!

・トスブーケ

トスブーケもオプションで選ぶことが多いです。

挙式ブーケとのセットプランなど、どんな商品があるのか注文の仕方とあわせて聞いてみてください。

・芳名帳

芳名帳は基本的に両家で1冊ずつです。

最近では「ゲストカード」を招待状に同封するスタイルもあります。

・プロフィールムービー

プロフィールムービーは当日の写真やビデオ撮影とは異なります。

「演出」として取り扱われることが多いのでオプション注文が一般的です。

Hさん

Hさん

衣裳がプラン内に収まらず、プラス5万円になってしまいました・・・。

当初の衣裳プランは「ふたり合わせて54万円分」でした。

わたしだけ2着必要で、着たい衣裳にこだわったので差額が発生してしまいました。

Iさん

Iさん

装花が基本ランクになっていて、あとからプラス10万円になってしまいました・・・。

ホームページで見た装花と見積もりの装花は別物でした。

「平均ランク」でお願いしたところ、プラス10万円になってしまいました・・・。

Jさん

Jさん

音響や映像が見積もりに入っていないことに気づき、急いでお願いしたところ、プラス13万円になってしまいました・・・。

見積もりとは?

見積もりとは、

「必要と思われる項目をあらかじめ盛り込み、おおまかな人数で計算したもの」です。

会場によって、名称や単価がすこし異なります。

ではお見積もりの例を見てみましょう。

それでは、料金についてひとつずつ解説していきましょう。

挙式料

人前式や神前式の場合の金額、挙式料に含まれる内容を具体的にチェックしましょう。

挙式スタイによって差があるケースもあります。

会場費

控室やプライズルームなど、どんな施設の使用料が含まれているのかを確認しましょう。

料理・飲料

和・洋・中・折衷といったコース内容のほか、ランク別の料金も確認しましょう。

衣裳

男女で費用の差が大きい部分です。

金額内の衣裳はどの程度のものなのかを確認しましょう。

美容・着付け

衣裳1着ごとに料金が発生します。

見積もりに含まれるのは1着分の美容・着付け代です。

お色直しをすると追加料金が発生します。

ブーケ

1個のブーケをずっと持つのか衣裳に合わせて変えるのか、イメージしてみましょう!

装花・装飾

会場によって飾る場所が変化します。

華やかさを求めてランクアップする人が多いです。

引出物

ゲスト数の増加のほか、相手に応じて品物の金額帯を変えると総額もアップします。

記録関係

初期見積もりには動画撮影が入っていないこともあります。

必要かどうかはふたりで相談しましょう。

印刷物

足りないものや不要なものがあるか確認しましょう。

メニュー表など、自作するのであれば見積もりから削除しましょう。

司会

人前式を行うなら追加料金を確認しましょう。

これは主に披露宴の司会料です。

人前式の司会まで依頼する場合には追加料金の確認をしましょう。

演出

演出は具体的に決まってから反映しましょう。

この段階で希望があれば確認しましょう。

見積もりでよく見る初めての言葉

見積もりをみても専門用語の意味がよくわからず「?」になってしまうことも。

ひとつひとつ解説していきます。

サービス料

会場によってサービス料がかかる項目は異なります。

一般的には飲食代や宴席料に10%の割合でかかります。

人件費がどうしてもかかるので仕方のない支払いですね。

持ち込み料

衣裳・引出物などを会場の提携店以外から持ち込む場合の保管量にあたります。

また、「フォトグラファー」など人に対しても発生します。

テーブルセット料

テーブルクロスやナプキン、ショープレートなどを卓上にセットするための費用です。

別名「テーブルコーディネート料」とも言います。

介添え料

式当日に、花嫁の身の回りの世話をしてくれるスタッフさんの費用です。

重い衣裳で動くのは大変なことです。

ですので、介添えは欠かすことができませんね!

ペーパーバック料

引出物を入れる紙袋の費用です。

重いもの、雨に耐えうる素材が使われています。

丈夫な素材なので、単価が1枚数百円します。

保管料

持ち込み料を「保管料」と呼ぶ会場もあります。

ドレスや引出物は「持ち込み料」、手作りアイテムは「保管料」と、項目で分ける場合もあります。

筆耕料

招待状の宛名をきれいに専門家の方に毛筆でかいてもらう費用のことです。

相場は1通あたり100〜200円です。

招待状に格式を求める人はぜひおすすめです!

ベールアウト

挙式後にベールを外すための費用です。

ベールは大量のピンで固定されているので自力でとるのは非常に困難です。

ですので、プロの手を借りる必要が出てきます。

セット料

ムースやドライヤーで新郎の髪型を整えてもらう費用です。

ヘアメイクさんですね。

自分でする人もいます。

 【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載

絶対にやりたいことを叶えよう!事前にプランナーさんにする質問リスト

会場を決めたあとで「こんなはずじゃなかった・・・」なんてなったら、とても悲しいですよね。

あとで、後悔しないためにも疑問やあいまいな点はしつこいくらいにプランナーさんに質問しましょう!

後悔しないための質問リストを作成しました!

〈衣裳の質問!〉

「ドレス、小物の持ち込み料はいくらかかりますか?」

ドレスは絶対に譲れないアイテムですよね。

好きなものを着るために最初から持ち込むつもりでしたら、ぜひ質問しましょう!

〈料理の質問!〉

「オリジナルケーキはいくらですか?」

ふたりらしさあふれるケーキにこだわりたければ、要質問ですね。

「子どものゲストのメニューにはどのようなプランがありますか?」

お子さんにも参加いただくので、年齢層に応じてどのようなメニューがあるのか料金まで含めて確認しましょう。

子ども用の料理が用意できると分かれば、親も安心するはずです!

「デザートビュッフェは追加料金がかかりますか?」

デザートビュッフェは外せない演出のひとつですね。

見積もりに含まれているかどうか確認しましょう。

〈記録の質問〉

「フォトグラファーの持ち込みはできますか?いくらですか?」

どうしてもこの人にとって欲しいという希望がある場合、外部から呼べるかどうかを確認しましょう。

会場によって、持ち込み料が異なりますのでそこも確認しましょう。

(会場によっては無料もあります。)

〈装花の質問〉

「この画像の装花は大体いくらくらいになりますか?」

スマホなどで装花の画像をみせたほうが、イメージが伝わりやすいです。

「こんな装花にしたい」という希望があれば、スマホの画像を見てもらい、見積もりを出していただきましょう。

〈演出の質問〉

「好きな曲を使う場合にはいくらかかりますか?」

好きな曲を流したくても、著作権の関係で流せないことがあります。

自分たちでCDを持ち込みたい場合、それが可能な「音響プラン」で見積もってもらいましょう。

「◯◯演出はいくらかかりますか?」

たとえば、「バルーンリリースのひとつであるドロップ&フライとメッセージキャンドルは絶対にやりたい演出!」

という場合、早い段階でできるかどうか会場に確認しましょう。

〈引出物の質問〉

「引出物は外部発注できますか?」

引出物は宅配サービスを利用したい場合、そのほかのギフトを入れる紙袋も含め、それぞれ持ち込みが可能かどうか確認しましょう。

結婚式のお金の基本を学ぼう!

見積もりと同時に頭に入れておきたいのが、結婚式全体のお金です。

どうやって資金を用意し、式のためにいくら使えるのか?をざっくり割り出してみましょう。

リアルな見積もりができるように役立ててください!

〔データ〕結婚式はみんないくらぐらいかけたんでしょうか?

結婚式の全国平均は357万5000円というデータがあります。

ただし、ゲスト数やこだわりたい内容で費用は異なりますので、あくまでも参考程度にお願いします。

また、結婚式の費用の相場はエリアによっても異なります。

〔データ2〕自己負担額はいくらくらいですか?

平均143万円。

結婚式はご祝儀や親援助など入ってくるお金もあります。

式の総額からそれらのお金を差し引けば、実際にふたりが負担する額の目安がわかります。

見積もり時に聞いておきたいお金の見落としポイントはこれです!

①全会場、同じ項目で見積もりを出してもらいましょう。

会場によって見積もり表に入っている項目がバラバラだと、正しく比較することができません。

アイテムの有無だけでなく、数量などもそろえて横並びの状態で検討してみましょう。

②支払いのタイミングがいつかチェックしましょう。

一般的には契約時に内金を払います。

そして、式の1〜2週間前までに残金を払うケースが多いです。

しかし、なかには中間金を求められたり、式後の支払い可という会場もあります。

見学の際に確認してください。

③どのような支払い方法があるか確認しましょう。

式までに資金が貯められるかどうか不安な場合はよくあります。

式後の精算、カード払い可であればご祝儀を利用することができます。

支払い方法はぜひ確認してください!

想定外を調整!「したいこと」を全部叶えるためのやりくりテクニックを公開!

見た感じもとっても素敵!しかも上手にやりくりできたらいいですね!

ここではとっておきの節約テクニックを公開します!

Kさん

Kさん

装花はプラン内にして、キャンドル&フレームで盛ってみました!

バラの花は本数を増やすと花自体の料金とともに器も倍の料金になってしまいます。

ですので、花びらを散らしミラーとキャンドルで華やかにしました。

追加料金を抑えながらボリュームも出せて満足です!

Lさん

Lさん

お肉を国産から外国産にしてみました!

高級食材のフォアグラと、デザートのシャーベットを追加しました。

その分メインのお肉を国産和牛からアメリカ産に変更したので、元のプランから500円アップしただけで済みました!

Mさん

Mさん

ウエディングケーキのサイズを一回り小さくしてみました!

参加者8名に対し、6名分のケーキを2万円でオーダーしました。

そんなにたくさん食べられないし、家族だけなのでこれでよかったと思います!

Nさん

Nさん

親の衣装は持ち込みにしました!

両親の衣装は、成人式の着物を主に取り扱っている地元のレンタル店にしました。

小物まで含めた費用は5万3000円でした。

会場で借りるよりも4万円ほどお得に済ませることができました!

Oさん

Oさん

ブーケはひとつにしてダズンローズを追加しました。

挙式で受け取ったダズンローズの花束をカラードレスでの入場時にも持ちました。

メインの造花ブーケと合わせても4万円。

2個注文するよりも2万円お得になりました!

Pさん

Pさん

お色直しのブーケをクラッチバッグに変更しました。

1万9000円のクラッチバッグをお色直しで持ちました。

ブーケが4〜5万円するので結構お得だったと思います。

式後はSNSで連絡があった方に半額でお譲りしました。

Qさん

Qさん

ウエルカムスペースを全て手作りしました!

ウエルカムスペースは節約を兼ねて、ふたりのセンスで自由に飾り付けしました。

会場には頼まず、新居にある写真立てや花びんなどを使って結婚式の雰囲気に合うように組み合わせました!

Rさん

Rさん

フラワーシャワーをリボンワンズにしました。

100円ショップの材料で手作りして、やく4000円の節約になりました!

見た目も華やかだし、みんなが楽しめたので大満足です!

  【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載

関連記事

結婚式までに準備!!さあドレスはどれがいいの?レンタルがいい?ドレスラインのそれ...

結婚の準備&段取り&打ち合わせについていろいろ調べてみました!