結婚式までに準備!!さあドレスはどれがいいの?レンタルがいい?ドレスラインのそれぞれの特徴は?

わにん

わにん

いざ、結婚となっても悩むのがドレス選びですよね。

初めてであれば、よくわからないのではないでしょうか。

「色々とドレスのこと知らないだけで、損しちゃった」なんてことにならないように

Q & A集を作成しました。

これであなたも運命の一着を見つけましょう!

【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載

質問1 ドレス選びはいつから始めるものなの?

答え 早い時期に始めても、「早すぎる」ということは決してありません。

ブライダルフェアに参加して、会場選びをしている段階から始めても早すぎないくらいです。

ドレスには

・レンタル

・セル(販売)

・オーダーメイド

の選択ができます。

レンタルは予約が必要ですし、オーダーメイドはもちろん制作期間が必要ですね。

オーダーメイドの場合にはより早く動くことが後々良い結果を生みます。

注意点としては、会場によっては自由にドレスを選べないことがあります!

それは、会場がドレスショップと提携している場合です。

その場合には、提携店のドレスしか選べないです。

そんなこともありますので、事前に会場に確認しましょう!

質問2 似合うドレスに出会うにはどうしたらいい?

答え ドレスラインが数種類あるので、試着を何回かすれば「似合うドレス」に出会うチャンスが増えます!

ポイントとしては「自分の好み」と「似合う」は必ずしも一致しないということです。

「自分の好み」を取り入れつつ、スタッフや同行した親、友人、パートナーの意見に素直に耳を傾けるのも良い結果につながります。

注意点としましては、「会場の雰囲気に似合う?」かなどもイメージしてみてください。

チャペルやバンケットに佇むドレス姿を頭の中で想像しましょう。

知っておきたいドレスラインとそれぞれの「良い点」

Aライン

ウエストがキュッとしまっており、そのウエストから広がるスカートがAの形に似ていることからこう呼ばれています。

Aラインはどんな体形にも似合うので一番オーソドックスと言ってよいでしょう。

スレンダー

パニエでふくらませることなく、ストンと細身のシルエットです。

なんとなく都会的ですし、洗練された雰囲気です。

また、特徴として、動きやすいので、歓談の多いパーティー向きです。

エンパイア

胸下で切り替えられているので、そこから流れるボリュームが控えめなスカートで、どことなく全体的に柔和な感じを受けます。

ガーデンやリゾートなど、開放的な会場によく似合います。

マーメイド

上半身からヒップまでがフィットしており、フレア裾が広がり優雅な印象を受けます。

曲線美をかっこよく演出できるため、大人花嫁にとても人気です。

プリンセス風

ビスチェがコンパクトでスカートがかなりボリュームがあります。

お姫様気分になれるラインです。

質問3 ドレス姿の印象を左右するパーツってあるの?

答え デコルテとスリーブに注目しましょう。トータルバランスのよさを見極めてください。

トップス部分は披露宴中、ゲストに常に見られる部分です。

デコルテのデザインは表情を引き立たせてくれるものを選びましょう。

袖のデザインはなりたい雰囲気を演出するものが良いでしょう。

また、背中の見え方も意識してください。

注意点としては、「自分の体形の特徴を把握しておく」ということです。

首の長さ、胸のボリューム、肩幅などによって、また骨格や肉つきによって見え方が違うという点です。

ここで、色々な種類のデコルテデザインとスリーブの特徴をまとめてみました。

アメリカンスリーブ

首から脇にかけて斜めにカットされたデザインが特徴的です。

首が長く見えるのがメリットです。

また、もう一つのメリットとしてデコルテが覆われるので、胸板の薄さも目立たなくなります。

ホルターネック

トップスからつながるリボンやストラップを、首の後ろで留めるデザインです。

背中側が大きく開きますので、大胆な印象を受けます。

オフショルダー

肩を出し、二の腕を覆うような袖です。

可愛らしい印象を受け、表情も華やかに、笑顔が映えます。

肩まわりや二の腕の肉つきがきゃしゃな人に似合います。

ハートカット

胸のラインに沿って丸くカーブを描いたデザインです。

メリットとして、ハート形に映るのとメリハリのある上半身になれます。

ショートスリーブ

肘より上の半袖はカジュアルな印象を受けます。

レース地のタイトなものから、二の腕をふわりとカバーできるものまで、デザインの種類が多くあります。

Vネック

V字カットは鎖骨のラインが際立ち、上半身全体をほっそりと見せる効果があります。

Vネックが浅めならヘルシーな印象を受けます。

深めだと大人っぽく、セクシーになります。

ロングスリーブ

肘下から手首までの長さの袖です。

メリットとして、クラシカルで上品な雰囲気をもたらしてくれます。

フレア袖やパフスリーブなど、フィット感もさまざまです。

ボートネック

鎖骨の下あたりを浅く広く横断するので、露出が控えめになります。

メリットとしては、首回りがすっきりとし、胸のボリュームを問われずに綺麗に着こなせる点があります。

質問4 ドレスをきれいに着る秘策はあるの?

答え ブライダルインナーを活用しましょう。

ブライダルインナーはライン補正の救世主です!

専用の下着はドレスを美しく着こなすための工夫がされています。

出すところは綺麗に出し、隠したい部分はしっかり隠してくれます。

当日の花嫁姿に自信がもてて、表情が明るくなることまちがいなしです!

ポイントとしては、「ドレスは胸で着るもの」ということです。

美しいバストラインはドレス姿の要です。

ボリュームアップ、ボリュームダウンは全体のバランスを意識してみてください。

質問5 ドレスには着心地に違いがある!?

答え 生地の素材によって、動きやすさ、雰囲気までも変わります!

たとえば、形が同じAラインドレスでも、重厚感のある生地を選ぶと、自然と所作までもが優雅になります笑

逆に、風に舞う薄い生地であれば、自然と動きは軽やかになります。

理想の雰囲気をイメージして選びましょう・

※主なドレス生地の特徴※

〈軽くて動きやすい生地〉

オーガンジー

透明感&しなやかなハリを併せ持つ生地です。

動きにあわせて軽やかに、上品に舞うので、トレーンやモチーフ装飾に使われることが多い生地です。

チュール

網目状のうすくエアリーな生地です。

ソフト系からハード系まで質感はさまざまです。

たくさん重ねると、ふわふわ弾むボリュームスカートになります。

レース

繊細で可憐ですので、編み方や素材が豊富です。

総レースドレスならゴージャスな着こなしになります。

〈しっかりした高級感のある生地〉

ミカドシルク

しっかりとした重厚感があります。

上品なつや、絹本来の自然なクリーム色が贅沢な生地です。

大聖堂やクラシカルな会場にぴったりです。

サテン

美しい光沢が華やかです。

ドレープを生かしたラインならラグジュアリーになります。

スレンダーラインはかっこよく決まります。

シャンタン

節のある横糸を用いた生地で、しゃりしゃりというきぬ擦れが特徴です。

ほのかに光沢もあり、シンプルなデザインでもエレガントに映ります。

 

※生地えらびのポイント※

イマイチと思ったデザインでも素材を変えれば似合うこともあります!

質問6 ドレスショップは一軒いくだけでいい!?

答え 会場の提携店だけでなく外部ショップやオーダー店も視野に入れましょう!

提携店だけでなく、街のドレスショップもぜひのぞいてみましょう。

デザイン性の高いインポート系、デザイナーこだわりのアトリエ系など好みにあうものがみつかるかもしれません!

※ドレスショップへ行く際の注意点&ポイント※

①必ず予約をしましょう!ドタキャンはダメです!

持ち時間をせいいっぱい使ってお気に入りの一着を選びたいですよね!

なので、予約した時間がきっちりと守りましょう。

②身だしなみは清潔にしましょう!

試着はスタッフに手伝ってもらうので、できるかぎり綺麗な下着を身につけてきましょう!

③両家の顔合わせの日にドレス試着の時間を設けるのもあり!

写真をみんなで撮ったりして両家が仲良くなるきっかけになる可能性があります!

日程が合えばおすすめです。

④母と一緒に行き、母の着物も一緒に選んでみよう!

母が当日着る留袖を選べば、母のうれしそうな顔が見れて、幸せな気持ちになれるでしょう!

【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載

 

 

関連記事

結婚式の予算や見積もりをもらうときのコツとかってある?式の予算の平均とか相場って...

結婚の準備&段取り&打ち合わせについていろいろ調べてみました!