さあ、結婚!式場どうする?ブライダルフェアについて調べてみた。特典もご紹介!

わにん

わにん

さあ、結婚しよう!

あれ、式場探しとかってどうするの?

どこに頼めばいいの?

とお悩みでしょう。

ひとくちに式場と言っても色々と決めなければならないことが山ほどあります。

どんな会場がいい?

演出はどうするの?

ドレスはどういったデザインがいいの?

頭のなかで想像するだけではなかなか具体的にイメージするのが難しいでしょう。

そのイメージをはっきりさせるために何をすればいいのかというと、やっぱり実際に式場に足を運ぶのが一番良いでしょう。

ブライダルフェア(式場見学)にいけば、ぼんやりとしていたあなたのなかのイメージも具体的になるはず。

ブライダルフェアでできることは、式場見学だけではありません。

模擬挙式や模擬披露宴、試食会、ドレスの試着体験ももちろんできます。

二人で相談して決めていけば、より式当日のイメージは鮮明になるでしょう。

ぜひ、一度足を運ばれてみてはいかかでしょうか!

式場決定で8万円分のギフト券がもらえる!結婚式場探しはマイナビウエディング(さらに指輪購入で最大10万円のギフト券がもらえる!)
(注↑エントリー期間 : 9月26日(木)〜12月5日(木) / 応募期間 : 9月26日(木)〜12月26日(木)です!)

目次

ブライダルフェアについて解説!

そもそもブライダルフェアとは?

実際に会場に足を運んで、結婚式を模擬体験することができるイベントです。

あらかじめ予約することによって、当日挙式はもちろん披露宴の雰囲気も体験できます。

挙式での感動的な演出、婚礼料理のおいしさなどフェアで感じられる幸せ、発見は無限大です!

ふたりの理想の挙式を思い浮かべて、シーンやコンテンツに合わせて選んでみましょう!

さらに不明な点や不安な点があればプランナーさんにすぐに相談できます。

デート感覚で気軽に足を運んでみてはいかがですか!

ブライダルフェアといってもいっぱいあるし迷っちゃう!?

ブライダルフェアと一口に言っても、かなりの数が開催されています。

初めてブライダルフェアに参加するのであれば、どれに参加すればいいのか迷ってしまうでしょう。

そこで、ブライダルフェア初体験なら「トータルフェア」がおススメです。

「トータルフェア」とは総合フェアのことです。

複数のフェアが行われており、色々と体験できます!

「色々と体験」と言っても、なかなかイメージが浮かばないと思いますので、ブライダルフェアでできることを具体的にまとめてみました!

ブライダルフェアでできること

「ブライダルフェア」と言ったって、結局なにができるのでしょうか?

ぼんやりと想像はできそうですが・・・。

ということでまとめてみました!

試食会(ゲストの笑顔を想像しよう!)

ゲストをもてなすメインの要素となる婚礼料理は、普段の外食よりもおいしいとゲストもうれしいですよね。

そんな婚礼料理はいちど自分の舌で味わって確かめたいものです。

試食会はフルコースやワンプレートなど様々。

参加費がかかっても、通常よりはおトクなことが多いんです!

チェックポイント

・会場ごとに料理が異なるのでその会場の料理の特徴をチェック!

・味はどう?ボリュームは多い?少ない?彩りは?招くゲストの年齢層も考えよう!

・カッティングサービスやフランベ、ビュッフェなど

こんな人におすすめ!

・グルメなゲストが多い!

・料理でオリジナリティーやメッセージを表現!

・会場のスタッフのおもてなしはゲストの立場だとどう感じるのかを実際に体験したい!

模擬披露宴(楽しむふたりと招くゲストを想像しよう!)

当日と同じようにセッティングされた会場で行う披露宴のデモンストレーションです。

演出や試食会、ドレスショーがある場合もあります。

チェックポイント

・「ゲスト」としてゲスト席で披露宴を体験する

・映像や音響、照明はどう?要チェック!

・スタッフのおもてなしはどう?

こんな人におすすめ!

・リアルな雰囲気を体験したい!

・演出や装飾も実際に体験!

・各卓の間隔は?高砂席はゲストからどう見えるの?

模擬挙式(永遠の愛を誓うふたりを想像しよう!)

「永遠の愛を誓いますか?」

ということで新郎新婦入場、誓いの言葉、演奏などをゲスト席から見学できます。

(新郎新婦役のモデルさんが演じます。)

チェックポイント

・モデルが新郎新婦役を演じ、本番と同じ順序で挙式を体験できるのでイメージが容易に。

・オルガンの演奏、聖歌隊の歌声など演出の実演をチェック!

・フラワーシャワー、ブーケトスなど

こんな人におすすめ!

・結婚席に出席した経験がないのでイメージが湧かない!

・挙式スタイルをどうしようか・・・。

・実際に式場のスケールや音響などを体験したい!

試着体験(運命の一着があるはず!?)

会場、提携サロンで衣裳の試着を体験できます。

和装、ヘアメイク、撮影サービスがあるところもありますので要チェックです。

チェックポイント

・たくさんある衣裳のなかから好きなものを選んで試着しよう!

・会場、パートナーとのバランスを考えて衣裳を選ぶ。

・パートナーの衣裳、アクセサリーのラインナップを確認できます。

こんな人におすすめ!

・色々と衣裳を試着したい!

・プロの視点でアドバイスがほしい!

・自分に似合う衣裳が想像できない・・・。

会場コーディネート見学(理想の空間はすぐそこに!)

テーブルフラワーや会場装飾のバリエーションが展示されています。

装花の量感やクロスの手触りなんかもチェックしてみましょう!

チェックポイント

・装花や食器、ペーパーアイテムなどのデザイン

・会場の広さ、天井の高さ

・エントランス、化粧室など館内で装飾できる空間

こんな人におすすめ!

・コーディネートの予算やアレンジの幅はどのくらいか知りたい!

・手作りアイテムでこだわりの世界感を演出

・テーブル、イスの間隔や距離感、快適性を実際に体験したい!

演出体験(ゲストと一緒に楽しむ姿を想像しよう!)

映像、音響照明演出、ウエルカムスペース、フォトブースなどのおもてなし演出などが体験できます。

ゲストによろこんでもらえるかの視点で確認しましょう!

チェックポイント

・会場の特徴、演出、資料展示による紹介

・デザートビュッフェ、ガーデン演出

・演出や余興スペースの広さや位置は大丈夫?

こんな人におすすめ!

・ぜひやりたい演出がある

・人気の演出を知りたい

・演出でオリジナリティーを表現したいし、相談したい

相談会(式当日を想像しよう!)

気になっている点をプランナーに直接相談、質問できます。

ゲストの人数が大体決まっていれば、見積もりを出してもらえます。

チェックポイント

・予算内で可能な内容がわかります。(プラン内容・持ち込み料)

・会場の空き状況や望んでいる演出ができるかなど細かく質問する

・仮予約期間や条件、支払い日程など確認する

こんな人におすすめ!

・二人が望んでいる形の結婚式はいくらかかるか詳細を知りたい!

・叶えたいこと、持ち込みたいものが明確だ!

・プランナーに直接フェアで気になった点を質問したい

ビューティー体験(わたし、綺麗!?)

ヘアメイクが体験できるイベントです。

試着会とセットのことが多いですね。

スタッフの技術・センス、またアクセサリーの数や種類なども確認しておきましょう!

チェックポイント

・当日とほぼ同じヘアメイクなので、花嫁姿がイメージできる

・アクセサリーが合うかなど、トータルのセットを確認

・挙式、披露宴、二次会のそれぞれのアレンジを聞けます!

こんな人におすすめ!

・当日、どういうヘアメイクをするのか気になる

・自分の花嫁姿について、イメージが湧かない

・自分の理想の花嫁姿になるかスタッフさんのセンスと技を確認したい!

館内見学(ゲストの快適さを想像しよう!)

チャペルや披露宴会場、プライズルームなどを見学できます。

施設内を歩いて回れるので、ゲストの気持ちになって確認したり、また、全体像をつかみやすいです。

チェックポイント

・チャペルから会場への順路を歩いてみて当日の流れを確認しましょう!

・ガーデンやロビーなど、シューティングスポットで試し撮りしてみましょう!

・高齢者のためのバリアフリー、幼児連れの方のためのベビールームなどゲスト向けの細かな設備の確認をしましょう!

こんな人におすすめ!

・会場の施設全体の雰囲気を感じて、1日の流れを確認したい!

・ゲストが幅広い年齢層なので全年齢層に心地よい空間を提供したい!

・こだわりのステキな記念写真を残したい!

「ブライダルフェア」そのほかの疑問!

ブライダルフェアっていつ行われているの?

平日にも行われていますが、大きいフェアは土日祝日が多いですね。

平日はゆっくり参加できる印象の「相談会」や「衣裳試着体験」などが開催さ入れています。

土日祝日には大規模な「トータルフェア」、実際の結婚式の装飾が見られる「会場装飾」や「演出体験」などが充実しています。

料金はかかるの?

無料です!

基本的には無料です。

ただし、「試食会」だけは料金がかかる場合があるので要確認です!

ひとりで参加できる?パートナー以外との参加はできる?

とくに決まりはありません。

一人で参加しても、ご両親と参加してもOKです!

あらかじめ会場にその旨を伝えておくとスムーズになります。

予約なしで参加できるの?

基本的には事前に予約しましょう。

「試食会」は会場も用意しますので事前に電話かネットでの予約が必須です。

平日の「会場見学」などであれば急な参加でもできることはあるそうですが、事前予約が吉でしょう。

ブライダルフェアに参加したらどのくらいの時間かかるの?

フェアごとに所要時間は異なります。

やむをえず途中参加や退席しなければならないのであれば、事前に会場にその旨を伝えておきましょう。

また、フェア開始ちょうどくらいの時間に行けば受付がスタートします。

少し早めに着いたら、会場周辺の環境をチェックするのもありです。

式場決定で8万円分のギフト券がもらえる!結婚式場探しはマイナビウエディング(さらに指輪購入で最大10万円のギフト券がもらえる!)

(注↑エントリー期間 : 9月26日(木)〜12月5日(木) / 応募期間 : 9月26日(木)〜12月26日(木)です!)

ブライダルフェア当日はなにを見る?どこをチェックする?

当日、招待されたゲストが会場に行くことを想像してください。

アクセスは便利な立地にありますか?

また、主役であるあなたたちの家からはどのくらいかかりますか?

要チェックです!

会場が駅から離れていると不便なの?

駅から近ければゲストが快適とはかぎりません。

なぜなら、駅から徒歩圏内でも高いヒールを履いていれば、会場に向かうのは大変だからです。

逆に駅から遠くても、無料の送迎バスがあればゲストは快適なはずです。

また、ゲストが遠方から来る場合には宿泊施設のチェックも欠かせません。

実際に歩いてみて、乗ってみて、行ってみて、ゲスト目線で感じてみてください!

料金の話も遠慮せずにどんどんしよう!

料金のことって聞きづらいですよね。

とくにお祝い事となると・・・。

でもとっても大事な話です。

遠慮なくどんどん聞いてしまいましょう!

金額が大きいだけに確認しなければいけません。

「予算があまりない・・・。」

なども正直に伝えましょう。

その予算のなかでどのくらい対応してくれるかは会場の腕次第です。

そういったところもよく観察しておきましょう。

親身になって一緒に考えて二人によりそって尽力してくれる会場は良い会場と思っていいでしょう。

ポイントとしては「総額」よりも

いつまでに?支払い方法は?(クレジット・ローンなど)」を確認しておきましょう。

バルーンリリースをやりたくて仕方がない!?

超人気のアフターセレモニーです。

まず、写真、インスタ映え笑も間違いなし!

周辺環境によってできる会場とできない会場があります。

ぜったいにバルーンリリースをしたいひとは会場に要確認です。

一緒に大階段・プール・テラスなどを演出で使うのであればそれもフェアの時点で要確認です!

ポイントとしては建物まるごと貸しきれば演出も自由がきくことが多いそうです!

ゲストの皆さんに、ぜひくつろいでもらいたい!

チェックすべき点はラウンジ・ウエルカムスペースです。

心地いいか、快適かどうか見ておきましょう。

受付したあと、披露宴の前はゲストの皆さんはなんとなく落ち着かないものです。

その時間をいかにリラックスしてもらうかです。

ソファーやイスの数は十分でしょうか?

ドリンクの用意ができるかなども確認しましょう。

二人の思い出の写真やフォトブースの設置も良いですね。

料理も大切。要チェック!料理のパフォーマンスとかある?

飲食店のように、ガラス張りのキッチンが併設されている会場なんかもあります。

調理の様子を生で体感するオープンキッチンや料理を目の前でカットしてくれたり、料理の説明をシェフが直接してくれればゲストもよろこんでくれます。

婚礼料理は一番のおもてなし要素です。

実際に試食会で味わうことが大切。

試食会では、盛り付けやサービスの雰囲気も見ておきましょう。

コース料理をアレルギーなどを理由に一部だけ変更できる?

アレルギーを理由に一部コースの料理を変更したり、メインの肉料理のグレードアップ、ゲストの苦手料理の変更などはどこの会場でもほぼ可能です。

料理は会場によってレベルに差があります。

・二人にゆかりのある食材を使う

・オリジナルメニュー

などなど対応力が会場によって違いますので確認しておきましょう。

「持ち込み料」ってなに?

「持ち込み料」とは外部からスタッフやアイテムを手配する場合の手数料のことです。

衣裳や引き出物を会場の提携店を使わずに外部ショップから手配したいなどの要望がある場合、会場側に手数料を支払います。

こちらもフェアの時点で確認しておきましょう。

はじめてのブライダルフェア体験終了!さて次のフェアはどこに行く?

ブライダルフェアを初体験。

この会場だけでいいの?

他にもみておく?

じゃあ、つぎのフェアの予約もしよう!

という流れが一般的です。

最初のブライダルフェアで決めてしまう方もいるようですが、ブライダルフェア参加の平均は1〜3軒とのことです。

ブライダルフェア初体験!さて、この後は?

実際に見て、触れて、食べて感じたことを振り返ってみましょう。

具体的なイメージが二人の間に湧いてきたと思います。

まだ、フェアの記憶が鮮明なうちにカフェやレストランに寄って二人で話し合いましょう。

二人で本音を語り合い、理想の式を形づくっていきましょう。

また良かった点、悪かった点をお互いに言い合えば、気づかなかったところが見えてくるはず。

さあ、次はどのフェアに参加する?

二人で話し合った結果、イメージが具体的に決まったなら、そのイメージに沿って比較検討できる会場に行きましょう。

もし、違うイメージを持っていたり、迷っているようなら違うタイプの会場を見学してみましょう。

まったく違うタイプの会場はスタッフも1軒目とはまた違う印象を受けるでしょう。

平均してみんなは何軒くらいフェアに参加しているものなの?

繰り返しになりますが、1〜3軒くらいのフェア参加で決定するカップルが多いというデータがあります。

しっかりと納得して決めたいのであれば3軒がおススメです。

何軒か回っているカップルは会場の雰囲気やスタッフの印象、ホスピタリティーの違いなどをよく見ています。

仕事が忙しくてフェアに参加する時間があまりない・・・

週末土日の2日間で3軒回るスケジュールを組めば、それで十分です。

例えば、1日目の土曜日は半日程度のフェアを午前と午後に入れます。

2日目は「トータルフェア」にゆっくり参加という感じです。

スケジュール例

土曜日

11時  1軒目 A会場 「試食会」

15時 2軒目  B会場 「模擬挙式」

日曜日

12時 C会場  「トータルフェア」

フェアに参加したら後日会場から電話。まだ迷ってるしどうする?

後日、フェアに参加した会場から感想や検討具合を訪ねる連絡があることはよくあります。

もし、まだほかの会場のフェアにも参加したい場合にはその旨を正直につたえましょう。

迷っている理由を伝えれば、その会場がナイスな対応をしてくれることもあります。

フェアに参加した会場、断り方は?

どうも二人のイメージと違った場合には、素直にその旨を伝えましょう。

電話かメールで伝えればそれで十分です。

期日を延ばしたり、あいまいな返事は避けましょう。

会場はすごくいい!!でも予算が・・・・・。

シーズンをずらすと同じプランでも価格が低くなります。

やはりシーズンである春、秋、連休中などは価格が高くなります。

なんと、同じプランでも日取りを1週間ずらすだけで価格がかわるケースがありますので、会場に相談してみましょう。

ちょっとまって、あの会場もう一回見たいんだけど・・・

華やかでにぎやかなフェアだったけど、もう一回冷静に、落ち着いて会場を見たければ「相談会」や「会場見学」を予約しましょう。

もう一度確認したかったところをゆっくり見れますし、プランナーとも落ち着いてゆっくりと相談ができます。

よし!決めた!この会場にしよう!さて、どうすればいいの?

二人で話し合って、会場を決めたらどうすればよいのか・・・?

その場合には希望の日取りを会場に伝えて「仮予約」しましょう。

(注:1日1組限定の貸し切り会場の場合、仮予約ができないこともあるので要確認しましょう!)

そのあとは「正式決定」になります。

「正式決定」の期限までに、パートナーや両親とも相談をしましょう。

「正式決定」になったら内金などを支払います。

額が大きいので支払い方法・規約などは要確認です。

式場決定で8万円分のギフト券がもらえる!結婚式場探しはマイナビウエディング(さらに指輪購入で最大10万円分のギフト券がもらえる!)
(注↑エントリー期間 : 9月26日(木)〜12月5日(木) / 応募期間 : 9月26日(木)〜12月26日(木)です!)

 

関連記事

おめでた婚(デキ婚)になった!?結婚式・挙式はどうする?