婚約指輪の相場や価格はどのくらい?おすすめブランドってあるの?普段使いしたい!?予約するならどこ?

わにん

わにん

結婚に必ず欠かせないのが「婚約指輪」。

でも、ひとくちに婚約指輪と言っても相場やブランドがよくわからない・・・。

かつては「婚約指輪は給料の3ヶ月分」といわれていましたが、現在はそうでもないようです。

現在の相場は36万5000円。

20代〜30代男性の1から1.5ヶ月分くらいの月給ですね。

でも本当のところは、相場なんて関係ないでしょう。

2人のあいだに愛があればいいんですから。

2人で納得のいく価格で購入すれば

(10万円台のリングもかなり今はあります!)

それはそれで、いいんです!

【I-PRIMO(アイプリモ)】来店予約はこちら

そもそも指輪の価格はどうやって決まるの?

指輪の価格はメインであるダイヤモンド、地金(じがね・金属を扱いやすいように溶かして固めたもの)、デザインにより決定します。

ダイヤモンドは言わずともわかりますよね!

「質と大きさ」です。

地金はプラチナやゴールドなどがあります。

使用するプラチナやゴールドの量が多ければそれは必然的に価格もあがりますね、はい。

「使用する量が多ければ」というのは幅広のリングになるということです。

また、その地金を繊細な、凝ったデザインにすればもちろん価格はあがります。

おすすめブランドは?

記事の冒頭でお伝えしましたが、婚約指輪の相場にとらわれることなく10万円台をお考えでしたらI-PRIMO(アイプリモ)やTRECENTI、 BRILLIANCEあたりでしょうか。

この3つは10万円台で婚約指輪の購入が十分可能です。

そしてデザインも素敵です。

とくに申し分はないでしょう。

せっかくの婚約指輪だし、普段使いもしたい!?

せっかくの指輪なのに、普段はつけないでタンスにしまいっぱなし・・・。

もったいなくない!?

結婚指輪と重ね着けとかして日常生活で婚約指輪も楽しめればいいじゃん。

じゃあ、どうすればいいの?

といことで、これももちろんですが、最初から普段使いをするつもりで選べばいいわけですね。

婚約指輪を普段使いできるためのポイントは

宝石を留める爪が低くて引っかかりの危険がすくないもの

(立て爪で留められているものよりも爪が低かったり、爪なしのもののほうがひっかかりが少なくて普段使いに向いてます。)

指あたりが柔らかい、着けごごちがいい

(肌への当たりを柔らかくした内甲丸仕上げがよいそう!)

普段のファッションに合うデザイン

(普段の服装や手持ちのアクセサリーに合うかを考えます。)

また、結婚指輪との重ね着けをするのなら、選び方のポイントとしては

アームのラインが揃っているように

(ラインが揃っていれば婚約指輪と一体感が出る。セットリングでない場合は試着したほうがよい。)

婚約指輪の石座は少し高めに

(婚約指輪の石座が少し高いほうが、婚約指輪と結婚指輪の間に隙間ができにくくなる。

同じブランドで揃える

(同じブランドなら、セットリングでなくともデザインのトーンが似ている。)

そもそも婚約指輪って必要なの?6割!?

婚約指輪は「婚約の証し」として約6割の人が婚約指輪を送っています。

「婚約記念品」としての婚約指輪であって、ネックレスやイヤリング、時計を贈る人もいます。

ただ、圧倒的に指輪が多いですね。

「婚約記念品」として指輪を贈る人は、90.6パーセントにものぼります。

やっぱり一番メジャーですもんね。

婚約指輪の購入スケジュールと予約するならどこがおすすめ?

もちろん指輪なので「サイズ直し」や「刻印入れ」があります。

発注してから手元にとどくまで2ヶ月はみたほうがいいでしょう。

余裕をもって、欲しい時期の半年前くらいには検討を始めたいところです。

余談ですが、結納や婚約食事会に間に合うように用意する人が多いとのことです。

購入スケジュールの例

結納・婚約食事会の6ヶ月前 婚約指輪の情報を集める

5ヶ月前  ショップに事前予約をして下見に行く

4ヶ月前  検討し、絞り込む

3ヶ月前  購入。サイズ直しや刻印を依頼する。

1ヶ月前  手元に届きます!

予約するならどこがおすすめかと申しますと、正直たくさんあります。

今回、この記事の冒頭でもお伝えしたとおり、10万円台の婚約指輪をお考えでしたらI-PRIMO(アイプリモ)やTRECENTI、 BRILLIANCEあたりですね。

I-PRIMO(アイプリモ)さんのリンクを貼っておきます。

ぜひぜひ。

【I-PRIMO(アイプリモ)】

 

関連記事

関連記事がありません。