測量士と恋愛!?測量士補との違いは?将来性や年収についても書いといた。

国家資格にときめき!?

測量士ご存知ですか

工事現場で、三脚付きカメラのようなものを覗いている目にしたことがあるかもしれません。

彼らが測量士工事を行う土地位置距離面積を正確に測定するための専門職です。

彼らの測定結果をもとに建築・工事の図面作成されるので、責任は重大です。

あまり聞き慣れない資格ですが実は国土地理院の定める国家資格なんです。

国家資格聞くとときめいてしまいますね。

そんな測量士お付きあいしたどんな感じなのか調べてみました。

測量士の試験に挑戦する彼。将来性はある?

測量士はあくまで資格なので、職種によって詳細は異なってきます。

就職先としては、建設会社土木関連事業所のほかに、建設コンサルタント会社官公庁、測量機器販売会社あります

経験を積みながら土地建物の登記専門家

土地家屋調査士

や、官公庁に提出する書類作成や権利義務関係の専門家

行政書士

併せて取得建築関係のスペシャリストなっていく人もいます。

意欲に応じて仕事の幅も広がっていくので、とてもやりがいのある職種ですね。

 

測量士と測量士補の違いは?

測量士測量士補も、測量法により定められた国家資格ですが、以下の通り役割が少々異なっています。

測量士測量についての計画立案およびその実施

測量士補測量士の立案した計画に従った実施

わかりやすく書くと、測量士が指示出して測量士補実際に動くいうことです。

役割の違いからも想像できるように、資格認定試験難易度少々隔たりがあります。

測量士補試験受験者うち20%程度が合格するのに対して、測量士試験ではわずか10%程度低い合格率なっています。

また、どちらも認定試験受けずに資格を取得することも可能ですが、測量士補大学や専門学校特定の単位や課程を修得済みであれば取得できるのに対して、測量士はそれに加えて実務経験必要ります。

測量士・測量士補の年収は?

測量士としての年収は平均で300万円程度サラリーマン年収とあまり変わりません。

専門知識の必要な職業ではあるのですが、大部分が中小企業での勤務となることと、近年建築・工事は減少傾向にあることからめに留まっているようです

ただ、建築等にける一連の手続きの中で必要になってくる、土地家屋調査士行政書士資格を併せて取得し、スピーディーかつ効率的に手続きを行えることを売りして独立・開業する人も中にはいて、その場合には年収 1,000万円超えることもあるようです。

測量士の仕事はいそがしい?

建設と土木工事を比較すると、土砂災害の復旧作業等で土木工事の方件数が多くなっており、測量士の仕事の発注元の多くは官公庁となります。

官公庁の予算は年度計上されているため、納期設定されていることが多い傾向あります。

納期に間に合わないと、延滞金発生するほか今後の入札にも影響が生じるため、どうして23残業時間かなり多くなってしまいます。

残業代支給される会社りますが、支給される会社ではボーナス同じくらいのとなることも少なくないようです

もちろん、年間通して忙しいわけではなく、比較的業務の落ち着くちゃんと休暇を取ることもできます

ある会社では、夏場は週休3日導入しているそうです。

繁忙期がはっきりしているので、計画を立てやすいともいえるかもしれませんね。

知っておきたい測量士の日常

ここでは、通常期のある測量士一日紹介します。

0 830 出勤

社外での測量作業ある日は、終わり時間決まっているため午前中出発します

観測機器測量図積み込み準備ためにいつもよりも早めに出勤することが多いです。

0930 測量調査

手元が暗くなると測量支障生じるので、早い時間から始めます。

現場が遠いときにはその出発が早くなります。

11:00 外注業者と打ち合わせ

実際に工事作業を行う外注業者出かけ、必要書類渡し打ち合わせを行います。

お互いに時間が限られているので、短時間で済ませるように心がけているそうです

12:00 昼休み

付近の飲食店でとります。

測量する場所によっては飲食店まですごく遠いこともあり、困ることもありますが、いろいろな場所で食べられるのが楽しみでもあるそうです。

14:00 帰社、図面作成

測量した観測データをもとに図面を作成します。

間違いが生じると多くの箇所に影響が出てしまうので、細心の注意を払って作業を行います。

自分測量した結果が形になる瞬間とてもやりがいを感じる瞬間す。

1600 作業マニュアル作成

図面をもとに外注業者作業をしてもらう際のマニュアルを作成します。

外注業者が間違いなく仕事をしてくれるように誰にでもわかりやすく記載することを心がけます

1730 報告書の作成

実際の工事の進捗状況の報告書日報作成します。

計画実際の状況の差異細かく把握するためにも必要な作業です

18:30 翌日の作業計画

当日の進捗状況もとに、当初予定から調整した作業計画を立てます。

すぐに出かけられるように、必要な機器図面も準備しておきます。

打ち合わせ時間調整います。

1900 退社

測量士の仕事は体力勝負でもあるので、帰れるときは早めに帰明日に向けて体を休めます

測量士と付き合いたいあなたがするべきことは?

測量士の仕事は非常に専門的ですが、猛暑や厳冬のなか野外で長時間の作業を行ったり、発注元外注先板挟みになったりすることも多く、苦労も多いです。

給与サラリーマンとあまり変わらないということで専門職にしては留まっていますが、それでも続ける人は測量士の仕事に非常にやりがいを感じて誇り持っています。

工事や建築を行うに必要不可欠で、目立ちにくいかもしれませんが世の中になくてはならない仕事です。

年度末の頃には連絡が取れないほど忙しくもなるそうですが一段落した向け楽しい計画を立てながら待ちましょう。

付き合い続けるうちに相手の測量した場所どんどん増えいくので目にするたびに嬉しい気持ちになれそうですね

合コンやマッチングサイト(Omiaiなど)を活用してステキな測量士をみつけましょう。