無料相談から恋愛に発展なんてあるの?弁護士について年収とか出会いについて調べてみた。

弁護士との出会いはそんなにむずかしくない?

難しいそうで、実は、そんなに難しい出会いではない。

それが、弁護士です。

僕の叔父夫婦が弁護士をしていますが、2人とも、凄く話が面白くて気さくですし、昔、ちょっとだけ知り合った女性弁護士も陽気な人でした。

近寄り難いと思っている人はほど、実は、接しやすい

そんな経験された方も多いと思います。

弁護士先生も、出会いを求めている、僕ら一般人と変わらない人達です。

さあ、弁護士先生と付き合うことにチャレンジしてみますか?

僕が出会った弁護士先生達の話を基に、弁護士と付き合いたいと思ってらっしゃるあなたを僕なりにヘルプ致します。

弁護士の報酬は?年収は?

法務省が算出している、全国の弁護士の勤続年数別の平均年収は、1年目が327万円、6年目が765万円、15年目で1,285万円とのことです。

高収入

とのイメージがある弁護士ですが、さすがに1年目からはそうはいかないのが現実です。

10年目で年収1,000万に届くかどうかですから、一部上場企業の社員と同じくらいの昇給レベルではないでしょうか。

この年収だけを見ると、弁護士先生がぐっと身近な存在に感じられますね。

だから、僕らみたいな一般人にも弁護士と付き合えるチャンスがあると思います。

しかし、これらの年収はあくまで、

「雇われ弁護士」

の年収です。

そういえば、

弁護士は独立してからがなんぼだ

と僕の叔父も言ってましたね。

独立して自分の事務所を構え、大企業の専属弁護士の契約を結べば、その報酬は上に挙げた額の数倍になります。

ついでに叔父に聞いた、叔父の年収は、うん、片手(5,000万)行ってましたね。

そりゃ、叔父も叔母も革張りベンツ乗れますよ。

弁護士の無料相談などから恋愛に発展することってあるの?

ねえねえ、あの無料相談ってやつから、恋に発展することあんの?

「来るのオジさん、オバさんばっかで。内容も借金や離婚問題ばっかだから、今のところないねー。でも、タイプの人が来たら…わかんないね」

今から3年ぐらい前でしょうか。

ちょっとワンナイトラブした若い弁護士先生がベッドの上で言ってたの思い出しましたね。

「じゃ、俺たち、出会った場所が悪かったかな。あんなクラブじゃなくて、無料相談所で出会ってたら、恋人同士になれたかもな」

「一応、仕事場だからね。遊び人タイプはお断りしてるのよ」

「え!? 俺って、そのタイプ?」

「うん、どう見ても、ねえー」

ベッドでお互い

「発散、発汗」

した後、ルーズに髪を纏めた彼女は両肘をベッドに突いて、仰向けに寝ていた僕に身を寄せて、僕の顎先を細長い指先で撫でながら、憎たらしいほど素敵なんだけど、その上目遣い、そう言いました。

ですから、真面目に出会いを求めるのなら、決して遊び半分、冷やかしで無料相談には行かないで下さい。

そんなことをしたら、僕のように、

「遊び人」

に間違われて、相手にされなく…なりますよ。

付き合ったら学歴や収入の格差が気になる?

彼女曰く、そんなの全く気にしないのが弁護士らしいです。

まずは、収入ですが、先にも説明したとおり、雇われ弁護士さんの収入はそんなに、僕ら一般社会人と比較して大差はないです。

特に、弁護士になりたての人なら、逆に、一般社会人の方が収入ある人が多いくらいですよ。

学歴に関しても、弁護士さんって、学生時代から勉強漬けで、自分とかけ離れた人と出会うきっかけがなかった人が多いらしく、その自分より別次元の人と接して、世間一般の常識も学びたい、という意欲がある若い弁護士さんも多いらしく、高学歴より低学歴の方に魅力を感じるみたいですよ。

「そういう人、紹介してよぅ」

と僕の胸に横顔をつける彼女。

「こういう状況で、んなことよく言えるよな」

そう、全く、学歴や収入は気にしてません。

一般常識を、こんな頭のいい人達に教えてあげるのは、あなた、です。

 

職場恋愛や弁護士同士の結婚が多い?

「うちなんて珍しいよ」

と僕の叔父が言うように、職場恋愛で、同じ弁護士と恋愛して結婚する人は少ないようです。

俺が知っている限りじゃあ、1割程度だよ

叔父の説明によると、上記で述べたことと同じです。

やはり、弁護士以外の人と恋愛して、色々と学びたいのが、頭のいい人達の本音みたいです。

だから、相手が弁護士ということで怖がらず、どんどん、チャレンジしていいと思います。

私の叔父にしても、その彼女にしても、意外に砕けた、若しくは、自分を砕けさせたい弁護士先生が多いと思います。

知っておきたい弁護士の日常

 

ドラマや映画の中で、裁判官や検事を相手に毅然とカッコよく、美しく振舞っている弁護士の日常と、現実は違うようです。

期日までに提出した準備書面を元にして,次回の期日までに原告・被告がどのような準備をするのかが話し合いが、朝一にあるようです。

で、裁判所へ出向いて、次回の期日の日程を決めてる。

その内容にもよるみたいですが、,10分程度で終わるものもあれば、なかなか決着がつかず、昼を超えて、夕方になるものもあるそうです。

刑事事件の場合は,証人尋問や被告人質問に時間を取られ、民事事件は事前に提出する書面の作成が大変そうです。

それが終わっても、若い弁護士は勉強のために、市区町村で行われている無料法律相談に駆り出されるとか。

夜は夜で、弁護士というものは一生勉強という精神から。

法律や制度といったものは常に変わっていきますので,弁護士会主催の研修会にも行くみたいですね。

いやあ、これ聞いたら、現実は、とてもカッコいい、美しい仕事じゃない。

もっと給料貰っていいんじゃない、と思うほどの激務です。

そりゃ、若い弁護士はストレス溜まりますよ。

だから、遊ぶときは派手に行く、ハメを外す、そういう若い弁護士が多いらしいです。

で、癒してくれるのは、頭の固い同じ弁護士ではなく。

僕らのような、遊び人、いやいや、ごく普通の一般人のようです。

「そーなのよねー。やっぱり癒されたいのよねー。同族は仕事の話しかしないから、逆にストレス溜まっちゃうのよねー」

彼女はホテルで服を着ながら言いました。

「ご苦労さん。じゃ、俺が、もっともっと癒してやろーか?」

僕は彼女を背中から抱きしめました。

「私さあ、真面目に癒されたいのよ」

「え!? 俺って真面目なタイプじゃないの?」

くるっと僕に、狂おしいほどの妖しい笑いじゃん、彼女は振り返ります。

「ぜん、ぜん」

こんな失敗がないように、真面目に恋しましょう。

弁護士と付き合いたいあなたがするべきことは?

 

先にも、色々とヒントを述べたとおり、市町村の役所が主催する

「無料法律相談」

も狙い目ですが、真面目な相談ネタを揃えて行くことが肝心です。

そこにいる若い弁護士は、あくまでも、一般市民の相談を真面目に聞き、より良いアドバイスをする、プロの弁護士として仕事をしたい人ばかりです。

あなたの真剣、真摯な相談を受けているうちに、あなたを助けたい、という愛情を、あなた自身が引き出すのは、結構、大変だと思います。

そこで提案したいのが、やはり弁護士先生が、砕けたい、ハメを外したい、そういう場所を狙うのが賢明です。

じゃ、どこに行けば?

それは、クラブなどのお酒を飲める場所に行くことです。

そんなとこに、弁護士先生いるの? 

私は経験者として言います。

必ず、います。

「1人?」

「うん、さっきまで友達と一緒だったんだけどね」

クラブのカウンターでカクテル飲む彼女。

嘘つけよ。

ずっと見てたけど、友達なんていないじゃん。

彼女は最初で最後のワンナイトラブの弁護士先生でしたが、それ以前にも、1人で来ていた弁護士先生に逆ナンされたことは何度かありましたから。

そのときは、彼女もいたし、弁護士は固すぎて面白くない、とのイメージから振ってましたけど。

結構、そういう場には、誰にも邪魔されたくなく、日頃のストレスを1人で発散したい、願わくば、

出会い

が欲しい先生方がいらっしゃいます。

「俺も友達と来てたんだけどさあ。あいつ、茶髪の可愛い子とどっか行っちゃったよ」

これは本当の話でした。

「じゃ、私と一緒に飲んじゃう? 朝、まで」

とグラスに、その瞳、断れないほど、誘ってんだけど、彼女は唇をつけました。

「俺って、君のタイプ?」

「今夜だけ、タイプにしたげる」

その笑みを浮かべた唇、今すぐ奪いたいくらい濡れてるんだけど…。

と、僕のように遊ばれないで下さい。

相手は、頭いいんですから、それなりに、

「俺は真面目に君が好きなんだ」

いうアピールを随所に出し、紳士的に接すれば、ワンナイトラブで終わったりしません。

弁護士先生は、あなたが思うほど固い人ばかりじゃありませんよ。

遊びでも、真剣な恋でも、常に

出会い

を求めている、我々と同じ感覚の人達が多いです。

「相談事あったら、来てくれていいよ」

最後に彼女から名刺を渡されました。

「君に恋してるって相談でもいい?」

「だから、遊び人だっての! あんたは」

まあ、彼女とは今でも飲み友達です。

僕みたいな失敗をせず、素敵な弁護士先生と出会われて下さい。

また、他の方法として合コンやマッチングサイト(ペアーズOmiai)などですね。

特にペアーズ平均4ヶ月で恋人ができるという驚異的な数字をたたきだしています。

また、ハイクラスの婚活サイト(エクセレンス青山Bridalチューリップなどの活用もよいでしょう。

まじめに恋愛したい方がたくさん登録されてます。

これもひとつの手ですね。

あなたの恋愛を応援しています。