Omiai アプリの評価は?男性と女性で料金は違う? いいねをもらうにはどうすればいい? プロフィール写真のコツはある?

わにん

わにん

おまえって、どんな子がタイプなの?

と彼女がいない寂しい思いをしている後輩の一人に聞くと必ずと言っていいほど、返ってくる言葉は一つですね。

好きになった子がタイプですね

いや、だから、その好きになる子のタイプだよ!

と思わずツッコミたくなりますが。

しかし、僕も彼女いないときは同じようなもんか、と思えば、苦笑いしかありません。

「で、このサイトが凄いすよね」

そんな自分の好きなタイプを決められない後輩が見せてくれたスマホの画面には

Omiai

なる恋活・婚活マッチングアプリが。

「それって、いいの?」

「ええ、男性よりも女子に評判がいいサイトで、結構、返信率も高いらしいすっよ」

なるほどねえ。

最近はいろんなのあるねえ。

女子人気が高いアプリとなれば、それだけ男子からの人気が高くなるって訳だあ。

「先輩も、どうですか?」

ニヤニヤしながらスマホをチラつかせる後輩にまた苦笑い。

「俺は彼女いるからパスだよ」

でも、いい機会だ。

この後輩から色々と

Omiai 」について聞いちゃいましょう。

Omiai公式サイトはこちら

Omiai アプリの評価・評判は?

まずは、Omiaiアプリは

「Facebook」

と連携しているアプリで自身のFacebookアカウントでログインできるのが特徴ですね。

Facebookのアカウントを持っていない人は携帯番号からのログインも可です。

Facebookと連携しているということが、信用度が高く、女子でも安心して使用できるアプリということで、評価・評判を示す一つの目安になっていますよ。

App Storeでも、無料ダウンロードアプリ1位にランキングされたことがあるらしく、評価・評判はこちらの人気でも高いものと伺えますから、女子でも男子でも安心感を持って使用できると思いますよ。

Omiai公式サイトはこちら


男性と女性で料金は違う?

こういうサイトは女性には無料で提供しないと会員が集まらないことを男性の皆さんにご理解頂きたいですね。

はっきり言って、それを「不公平」と感じられる男性は、出会いはサイト向けではなく、合コン向けですよ。

まあ、そんなタイプの男は「男女で合コンの会費が違うのは不公平だ」と周りを白け呆れさせる、世間知らずで堅物なモテないタイプの典型ですけどね・・・。

男性たちに比べて当然ながら警戒心が強いのが女子たちですし、そんな彼女らは自分たちの情報を漏らすことに特に危険を感じます。

男性たちよりもリスクを犯して登録しますから、彼女たちは無料になって当然と僕は思いますが。

貴方は如何思いでしょうか?

Omiai も例外ではありません。

女性は殆ど無料ですが、男性は初期登録無料以降は有料になります。

因みに男性は、女性とメッセージのやりとりをはじめるなら、有料会員の登録が必要とのことですが、後輩曰く。

「マッチングまでしか無料で使えないアプリが多いんすけど、Omiaiは最初の挨拶までは無料でできるんで良心的っすよ」

とのこと。

それからの料金は、月額3980円。

ただこれは1ヶ月プランの値段で、3ヶ月や6ヶ月プランなら割引で安くなるようですよ。

12ヶ月料金を一括で課金すると、1000円以上安い月額2780円で利用することができます。

Omiai公式サイトはこちら

いいねをもらうにはどうすればいい?

「いいね」

を簡単に説明すると、

気になるお相手に「マッチングしたい」というアピールをする画面上のボタンで、貴方が

「いいね」

を送った相手が、同じく画面上にある

「ありがとう!」

ボタンを押してくれたら、マッチング成立となる仕組みです。

そして、成立するとその相手とメッセージを交換できるようになります。

「この子と成立しちゃったんすよね。まだはじめて2日目っすよ」

とニヤニヤとスケベ顔晒した後輩小僧にスマホに写った子を見せられたんですけど、

「おまえ、マジかよ!」

と思わずそのスマホを奪ってガン見してしまうほど、まあ可愛い子でしたよ。

相手に送れる「いいね」の数ですが、ログインするたびにもらえるログインボーナスに加え、1か月に60「いいね」が付与されます。

有料会員になると、「いいね」保有数に上限がなくなるので、無限に保有することができます。

「いいね」をより多く獲得する男子がより女子から人気があり、その数と正比例してそれだけ女性からのデートの誘いも多くなるということになりますよね。

この「いいね」をもらうコツをまとめれば。

1.  顔がちゃんとわかる写真。横顔を加えた(私服+スーツ)写真をプロフィール写真にする。

2.  時々ユーモアを交えながら自己紹介文はできるだけ詳しく、かつ簡潔に書く(特に趣味と仕事)。

3.  条件は全て埋める。

と、まあこんな感じらしいですが、男性の「いいね」の平均獲得数は9個らしいです。

ですから、そんなに気にすることはないと思いますよ。

結局は身一つでデートできる女性も一人ですから。

「で、おまえ、いいねはいくつもらったの?」

「まあ、こんなもんすかね」

「11!? 何で、おめえが平均以上なんだよー!?」

お世辞にもカッコいいって男じゃないですよ、この小僧は。

「やっぱ、男は中身って、ことじゃないすか」

「言ってろ、バーカ」

ということなんで、皆さんも挑戦してみては如何でしょうか?

Omiai公式サイトはこちら

プロフィール写真のコツはある?

前項でも説明したしたが、お世辞にもカッコいいと言えない僕の後輩小僧が、それだけ「いいね」を獲得できるのは、プロフィールの書き方が上手いってことですね。

「可愛い子以外は、いいね、しないでね。いやいや、ウソウソ! 俺ってそんな贅沢言える顔じゃねーじゃん!」

とか自虐を交えて逆に「この人、面白そう」と相手の興味を引くことがコツです。

「おい! ブサイク男! あたしがデートしてやるから覚悟しとけー!」

と返事を送ってきてくれた、その可愛い子と後輩はデートの約束したみたいですよ。

やっぱ女性っていうのは、キザな男よりユーモラスな男の方に安心感を持てるんでしょうね。

自虐的でユーモアがあるプロフィールが成功への鍵ですよ。

「で、いつだよ? デートは」

「今夜ですよ」

はあー、早速かよ、このスケベ。

「で、どこ行くんだよ?」

と小僧に聞けば、

「ここ、女の子連れてけば100パー落とせるよ」

と僕がこの間教えてやったお洒落なカフェバーでした。

「頑張ってきちゃいますよ。先輩」

「お好きに、どうぞ」

呆れ笑いしながらも、何となく彼女いないこの後輩が羨ましくなってましたね。

貴方も、もし彼女がいなければ、Omiaiで頑張ってみられてはどうですか?

Omiai公式サイトはこちら